税理士

税理士と聞いて思い浮かぶイメージは?

たいていの人は、「税理士」と聞いて、ある程度はイメージできることでしょう。ところが、さて具体的にと聞かれると意外と答えに詰まってしまうのではないでしょうか?

よくテレビでは、弁護士や行政書士といった主人公が登場して活躍している場面を見る機会があるので、割合と具体的にやっている仕事がつかみやすいでしょうが、税理士が主人公のドラマってあまり聞いたことがありませんよね。

どちらかと言うと、お役所側が主人公の「国税局査察官」とか悪役の「脱税者」側が主人公とかのドラマが多いのではないでしょうか。そんなところからも税理士という職業が、どうも目立った仕事ではなさそうだ、というのはわかって頂けるかもしれません。

税理士と呼ばれる人たちは、普通どこで働いているのでしょう。

一般的には、「会計事務所」あるいは「税理士事務所」や「税理士法人」といった事務所で、会計データ入力や税務署に提出する書類作成あるいは各種の税務相談対応をしてるというのが主な仕事場と言えるでしょう。

サラリーマンが税理士と関りをもつのは、経理を担当していたり、資産家の親をもっていたりという以外は、ほとんどないと言っていいかもしれません。

どちらかと言うと地味なそしてある意味非常に重要な仕事をこなしているのが税理士と言っていいかもしれません。

税理士は具体的にどんな仕事をするの?

税理士 2

名前は聞いたことがあるけど、具体的にどんな仕事をしているのか意外と知られていない税理士という職業。ここで少し、詳しくご紹介したいと思います。

個人的に起業したり、会社経営をしていると、切っても切れない税金として、所得税や法人税というものがあります。

普通税金を納める時は、まずその額を計算しなければなりません。ところがこの計算が意外と厄介なんです。計算に必要な基準となる「税法」が複雑で、一般の納税者では、慣れれば別ですがなかなかの代物で、一筋縄ではいきません。そこで頼れる強い味方というのが「税理士」と呼ばれる人たちです。

納税を必要とする納税者の相談にのったり、依頼されれば税務署へ申告する書類の作成やそのためのもろもろの会計データを計算したりするのが税理士の仕事です。

会社が順調に拡大していけば、自ずとその納税額も膨らんできますから、そこには合法的な節税対策を依頼人にアドバイスすることもあるでしょう。

そこはまさに税理士の腕の見せ所と言っていいかもしれません。ただし、ここはあくまで合法的に、であって法律上何ら問題となるわけではありませんし、またそのような合法的かどうかも税理士が税法をいかに理解しているかにかかってきます。

手法を間違えると、いわゆる「脱税」として国から追徴課税を要求される羽目になってしまいます。よくある手口が、売上を正規に計上せず少なく申告したり、見せかけの従業員を追加して人件費を多く申告したりなどです。

もしこのような行為を依頼人が要求してきたら、断固拒否し逆に注意するぐらいでなくてはいけません。

個人的な税金に関する仕事

header

ここまでは、会社いわゆる法人に関係した税金ですが、次にどちらかと言うと個人的な税金についてお話ししておきましょう。

まず挙げられるのが、資産家の相続税。生前に相談を受けたり、お亡くなりになって相続人から相談されたりすることもあるでしょう。場合によっては、相続人に代わって手続きをお手伝いするケースも出てくるでしょう。

また、本来の税理士の仕事からは多少離れますが、依頼人の会社経営を資金繰りという視点からアドバイスしたり、経常利益アップにつながるような経営計画書作成指導や業務効率化へ向けた支援、あるいは販売促進ツール作成等、経営コンサルティング的な相談・支援をする場合も有るでしょう。

もちろん、そこまで行くには経営者との強い信頼関係が築けた先の話ではありますが。

困ってませんか?税のこと。