積極的に活用しよう支部活動

本業から少し離れますが、税理士が行っている活動についてご紹介したいと思います。税理士試験に合格しても、すぐには税理士登録できません。2年という実務経験の末ようやく登録がかなったところで、知ることとなる税理士が行っている支部活動。例えば、小学生を対象に行っている租税教育推進活動というものがあります。まさに相手に合わせて物事も分かりやすく伝えるコミュニケーション力を養える絶好の機会かもしれません。いずれは納税者となる小学生に、租税に対する認識を深めてもらうのも税理士にとって大事な仕事と言えるでしょう。

そのほか福利厚生活動というものがあります。一般企業では総務部あたりが取りまとめて行っているサークル活動や懇親会といった集まりのその一つでしょう。同業者との大切な交流の場です。人脈形成の場とも言えるかもしれません。小規模事務所で働いている税理士にとっては大切な情報収集の場となるかもしれません。その他、研修部という活動もあります。企業で言えば、外部から講師を招いて行うセミナーと言ったところでしょうか。普段なかなか時間が取れなく行かれない人も、また通常の一般セミナーでは高額な受講料をみて二の足を踏んでいた人も、無料となれば気軽に参加できるのではないでしょうか。

講師となる古参税理士から聞かれる生の声も大切な情報源となります。更に確定申告時期ともなれば無料相談会なども行われています。納税する側の生の声がいろいろ聞ける大切な場とも言えるでしょう。もしかしたらいずれ顧客となる人と出会えるかもしれません。ここでもインプットと共に、良きアウトプットの機会でもあります。積極的に参加されることもお勧めします。

LEGGOTTSの「相談すべきは税理士です。」サイトトップへ戻る