税理士として食べていく

税理士は、独立開業しないで、税理士事務所に勤務している人が非常に多いと聞きます。起業しない理由によってタイプは別れてくるようです。大きく分けて、家庭の事情から経済的安定を求めているタイプと、独立開業が面倒というタイプ、そして独立開業を目指して修行をしているタイプの3パターンです。そして税理士を目指す人たちや勤務税理士が憧れているタイプがコンサルや国際派の税理士です。監査法人系の税理士事務所、資産税系の税理士事務所・上場支援のコンサル会社、国際税務専門事務所といった、横文字系の職場で、高い付加価値や高額の給料、そして高難易度の専門業務に携わっている人たち。彼らは一般的な税理士のイメージと違って、おしゃれです。とても洗練された人も多く、顧客の方もきらびやかな人たちが多いようです。事務所も一等地ある場合も多く、あまりカジュアル過ぎるのはよくないようで、高い給与も服飾費に消えていくという人もいるようです。こういう事務所は、事務員ぽく見えるということで、腕カバーが禁止されているところもあるようです。彼らと同じぐらい税理士を目指す人たちに人気なのが、執筆セミナー税理士です。専門誌や事務所の執筆や、講演会、セミナー講師などの仕事を行っている人たちです。この分野の主流派は、税務会計分野の執筆、講演で活躍する人たちです。また、仕事術といった税務以外のことで本を書く人たちも人気です。ただ主流で有名になると同業者から尊敬されますが、仕事術などで有名になった税理士は、同業者からやっかみを買いやすいようです。ただ、セミナーや執筆だけで食べていくのは難しく、申告業務だけでも忙しいのに、原稿の締め切りまであって非常に大変です。