女性税理士のキャリアプランとは

税理士に女性、男性の区別はありません。そこが魅力で税理士の世界に飛び込む女性もたくさんいます。税理士として仕事のスタイルを決めていくのは、自分です。キャリアを積むのも続けなければならないわけですが、自分の苦手なことばかり挑戦していても嫌気がさしてしまいます。やはり、得意なことを活かせるようにした方がいいようです。とはいえ、好きなこと、やりたいことを選んで仕事にするというのはなかなか難しいものです。納得できないこと、合わないこと、苦手なことを排除していくと、見えてくるものかもしれません。好きなことを探すより、嫌なことを上げる方が簡単だったりします。税理士の仕事も同じで、イヤなことから逃げてみると、案外、自分の定位置がつかめたりするもののようです。結果的に、正しい選択の仕方かもしれません。税理士の業界というのは、狭いもので、良い評判も悪い評判もすぐに広がります。その上、将来に渡ってついてまわるものだと言われています。だから、ただ単に仕事から逃げ出すとか、投げ出すというようなことは辞めておきましょう。苦手なことにぶつかってもすぐに逃げないで、前向きにとらえて、建設的な努力をすることで、ビジネス社会での居場所は見つかるものです。見る人は見てくれ、仕事も来ます。これからの仕事の仕方というのも考えておくべきです。法律や税金、お金の分野を主にやっていくのか、別の分野での勉強にも挑戦して自分にしかできないことを見つけるのか、自分のやり方でやって社会貢献をしていくのか、などなど、キャリアプランを立てていきましょう。プライベートだって仕事と同じように大切です。税理士として楽しい人生を選びましょう。