税理士業界の特徴やパターン

税理士にはさまざまな働き方があります。税理士業界というのはざっくりといってどんなものなのでしょうか。まず働き方にパターンというのがあるのでしょうか。それは所属税理士、開業税理士という働きが一般的です。企業内税理士といって、企業の中で財務、経理、税務を担当したり、CFOとして活躍する人もいます。税理士法人のビッグ4といえば、世界的に展開する大規模な会計事務所のことをいいます。アーンスト・アンド・ヤング、デロイトトウシュトーマツ、KPMG、プライスウォーターハウスクーパースの税理士法人の中の外資系大手を指します。BIG4以外にも、国内大手法人や相続などの専門分野に強みを持つ法人といった、大規模な事務所はたくさん存在します。税理法人に「社員」「代表社員」として参加すると連帯責任を負うことになります。出資金も払わなければなりません。法人化しているところに所属税理士として勤務する場合は、成長しているところも多いということでメリットもあります。もちろん、個人の事務所でも良い事務所はたくさんあります。個人事務所の場合は、所長が死亡など万が一のことがあると、その時点で税理士事務所は廃業になります。雇用や顧問契約もスムーズに事業承継者に引き継がれないことがあります。また、個人事務所というのは、所長次第になります。入所するときには、所長がどういう人柄か、よく見極めるようにしましょう。依頼者は、さまざまな難問にぶつかります。そういったことで、身近な相談者として税理士に寄せる期待は大きいものとなります。税法以外の法律など周辺知識の情報収集、依頼者への適切な専門家を紹介する役割もあります。他の業界、士業の人脈も必要です。