税理士は勉強をしなければならない

税理士が大変な仕事だと言われるのは、常に、さまざまな勉強をしなければならないところだと思います。たとえば沖縄なら、観光施設のように、その地域独自の仕事になります。こういったことは本やインターネットでは知識を得ることは難しいものです。やはり、現場で情報を集めて、自分なりの見解を持つ。こういったことがなければ、見当違いの話をすることになります。そして、それらの大前提として、毎年行われる税制改正に関する情報や国税庁の見解というのは、税理士だったら随時チェックしていかないといけません。税理士の仕事はやりがいも多いですが、いろんな情報を入れていかなければなりません。それはとても大切なことですし、とても大変なところです。また、電話などで連絡を取り合うことも多いですが、非通知や知らない電話番号からかかってくると警戒するものの、声に聞き覚えがあると勘違いしたりすることもあります。初歩的なことですが、気をつけましょう。税理士を目指すきっかけで、恩師のアドバイスというのもあるかと思います。たとえば、法学研究などの研究者を志望している人などは、職業にするには時間がかかるということで、ひとまず資格を取って働きながら考えるということをするようです。税理士は、仕事をしながら研究もできますし、現場で働くことでわかることもたくさんあります。また、地元密着で小規模な事務所を自分で開業する人、大きな事務所に勤務するという方法もあります。もちろん、もっといろいろと可能性は広がっているのですが、やはり、まずは大手に入って働くということを考えるものです。ただ、税理士は勤務するより事務所を開く方が一般的だった時代もあったようです。